ゲーム会レポート(2017年版)

2016年の記録→こちら
2015年の記録→こちら
2013年の記録→こちら
2014年の記録→こちら
2011年-2012年の記録→こちら
※ 2017.4.16 ばりばりボードゲーム65
※ 2017.3.12 ばりばりボードゲーム63
※ 2017.2.26 ばりばりボードゲーム62
※ 2017.2.4 ばりばりボードゲーム61
※ 2017.1.2 新春ボードゲーム2
※ 2017.1.1 新春ボードゲーム1

ばりばりボードゲーム65 <2017.4.16 09:00-16:30>

 諸事情でこれまでの会場が使えなくなり,公共の施設への変更です。新年度初めての会はレギュラー4名に,今回もNakaさ,,Muneさん,そして1年以上ぶり?のInaさんも参加してくれました。
◇ ファースト・クラス(First Class)75分
 去年のエッセンで人気がとても高かった「ファーストクラス」をようやく手に入れたので念願の初プレイ。マイボードに,車両2編制と路線を延ばしていくことで名声点を稼ぎます。列車はアップグレードしながらたくさんつなげたい,路線はしっかり延ばしてボーナスを得たい,でも車掌と列車コマも移動しないと意味がない・・・,などなどカツカツ感満載で,悩ましさ満点です。3回ある得点計算時に,カードの効果による連鎖が結構発生するので,それを十分に考慮しておかないともったいないことにもなりかねません。ただし,今回はちょっとルール間違いもしてましたので参考ですが,Shibuさんが十分に路線を延ばしつつ車両もしっかりつなぎ勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 159点 , 2位 Shuh 150点 , 3位 Shug 96点 , 4位 Katz 90点
◇ 炭鉱賛歌カードゲーム(Coal Baron:The Great Card Game)60分
 結構気に入っていたボードゲーム版の炭鉱賛歌がカードゲームになって登場,日本語版も出ておりそれを初プレイです。ただし,システム的には似ているものの,プレイ感覚はボードゲーム版とはかなり違います。石炭,貨車,機関車を条件に合わせて組み合わせ,注文カードの注文を達成していき得点を稼ぎます。他にミッションカードや株券などの得点要素を足して争います。ボードゲーム版と同じく,ワーカーを1人ずつ増やして必要なカードを集めていきます。これも,少々ルールミスがあったかもしれずですが,4人一点差で並ぶという接戦でShibuさんが制しました。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 52点 , 2位 Shug 51点 , 3位 Katz 50点 , 4位 Shuh 49点
◇ ドクムス(Dokmus)60分
 これも初プレイの変わり種陣取り系な一作。陣取りと言っても広さを争うわけでなく,数ある神殿にいかにたくさん隣接させていくかが勝負です。隅の1コマから始まるのを,どうやって広げていくかというと,順番に延ばしていては追いつくはずもなく,神々の力で土地タイルそのものを移動したり,回転させたりしてコマの行き先を広げていく必要があり,そんなところが,今までは見なかったところです。何せ土地が動くのですから。8枚のタイルの全ての神殿にコマが隣接していると得点がとても高くなるのですが,Shibuさんが見事それを達成しての勝利。早めにうまく自分の駒の行き先を広げることができないと苦しそうです。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 58点 , 2位 Shuh 50点 , 3位 Katz 34点 , 4位 Shug 28点
◇ 東海道(Tokaido)50分
 お気に入りの一作東海道をデラックスエディションに買い換えたので,念願のプレイ。四つ辻のモジュールも全てボード上に置くことができ,お金はメタル,コマは造形の深いフィギュアで雰囲気大いにアップです。各自旅人の特性を生かしながらのプレイですが,自分は土産の一番安いのが無料になるもの。できるだけ村により,土産物の種類を増やしつつ,神社の寄付で微妙に二位を取るなどして何とか勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 85点 , 2位 Shibu 78点 , 3位 Shug 74点 , 4位 Shuh 69点
◇ ヨーヴィック(Jórvík)60分
 ここでNakaさんが参戦。倉庫の街のリメイク,「ヨーヴィック」を初プレイ。ルールは同じですが,絵柄が全く違うわけで,知っている分かえって戸惑うところも。さて,やはり資金超カツカツな中で,どうやって必要なカードを確保するか,全くもって悩ましい限りで,どうも自分はあまり上手くありません。これは,Nakaさんが3枚も資源調達を達成し,追加の倉庫やピクト人攻撃(倉庫の街の火事)のマイナス無しなどを上手く使いこなしての見事な勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Naka 25点 , 2位 Shug 18点 , 3位 Shibu 16点 , 4位 Katz&Shuh 12点
◇ ボーナンザ(Bohnanza)45分
 実に久しぶりにボーナンザをプレイ。最近20周年記念版が出たのでそれをゲットしての一戦。上手い豆さばきと交渉で豆をお金に換えていきますが,何と言っても手札を入れ替えることができないという苦しみが大変です。つい,途中から出しそうになってしまうのを,危ない危ないと気をつけながら,どの豆を植えるか,相手と交換できるか悩ましさ十分。山札3回なくなるといっても,どんどんカードは減っていくので終盤は一気に訪れます。ここは,Shugが効率よくゲットしての勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 13点 , 2位 Shuh 12点 , 3位 Shibu&Naka 8点 , 4位 Katz 5点
◇ テイク・イット・イージー(Take It Easy)15分
 会場の残り時間も1時間余りというところでMuneさんと久々のInaさんが賛歌。ボーナンザが終わっていなかったので,2人でテイク・イット・イージーをプレイ。まれに見る低い点の争いでInaさんが勝利だったようです。
※ 結果:1位 Ina 108点 , 2位 Mune 74点
◇ カタンの開拓者たち(Catan)30分
 時間が気になりだしたところでNakaさん大好きなカタンを高速プレイ。あまり考えることもできずに,トントンと進み,あれよあれよでShugが10点とってのあっという間の勝利でした。さすがに早すぎ!?
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 10点 , 2位 Shuh 6点 , 3位 Naka 4点
◇ メトロ(Metro)30分
 こちらも30分で勝負と言うことで,4人でメトロを高速プレイ。これは,タイルの置き方を考え出すと長考になってしまうのを抑えながらのすばやい読みの競争。Shibuさんの路線が終盤までうまく行き乗っての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 54点 , 2位 Katz 50点 , 3位 Ina 47点 , 4位 Mune 39点
 ということでここまで!今までと違って部屋の使える時間が厳しく決まっているので,終盤は考える間もない高速プレイになってしまいました。これから当分はこの会場なので時間を上手に使ってたくさんのゲームを楽しめたらと思います。次回は30日です。みなさんよろしくお願いします。

トップへ戻る


ばりばりボードゲーム64 <2017.3.25 08:30-20:30>

 今回も二週間ぶりに開催です。今回もNakaさん,Muneさんが参加して最大6名で。
◇ マカオ(Macao)110分
 フェルドの名作”マカオ”を久々のプレイ。最近のフェルドほど要素てんこ盛りではなくて,プレイしやすいですが,それでいてやっぱりカツカツ感が半端ないのが素晴らしい。ダイスの目2つを選んでカードを活性化したり,建物を配置したりしていくための資源を先々を見通しながら獲得していくのが悩ましい限り。様々な効果があるカードをうまく組み合わせていくことも大切ですが,そうもうまく活性化できないところも悩ましい・・・。今回は,商品売却で倍の得点となるカードや資源コマを手に入れるカードをうまく使いこなして,最終的なペナルティーも最低限に抑えて勝利できました。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 79点 , 2位 Shibu&Shuh 72点 , 4位 Shug 67点
◇ ビュア・ネビュラ(Via Nebula)45分
 次は”ビュア・ネビュラ”です。ウォレス作ですが重量級ではなく手軽に楽しめる佳作。資源を発掘し,建設現場へ運び,5つの建物を建てるのが目標。資源や開拓した草原は共有なため,部分的には協力関係も必要ですが,常に相手を出し抜くことも考えていないといけません。今回は,Shibuさんがいち早く5つの建物を建てて勝利かと思われましたが,残った資源のマイナス点が響いて,マイナス無しで乗り切ったShugが逆転勝利でした。ルールを忘れる前に継続的にプレイしたくなる一作です。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 24点 , 2位 Shibu 23点 , 3位 Katz&Shuh 16点
◇ レイルロード・レボリューション(Railroad Revolution)75分
 今回Shuhくんも入れての4人プレイは初めて。電信プレイが強すぎると言うことで,電信の業績トラックを上げるためのコストを10倍にするルールでプレイ。それでもやはり電信は強かったのか,自分が下手過ぎるのか。自分はマイルストーン重視でいったものの,業績トラックの上げ方が中途半端で最終的には伸び悩んでしまいました。レイルロードなんだから電信に頼らず鉄道重視で勝ちたいと思いながらの3戦ともに残念な現状・・・。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 263点 , 2位 Shibu 234点 , 3位 Shuh 230点 , 4位 Katz 172点
◇ ケルト拡張ボード(Keltis Die Erweiterung)30分
 さて久しぶりのケルト,まずは難しい拡張のボードから。これは,手詰まりになるとほんとに身動き取れなくなるので慎重に手札とコースを読んでいかないといけません。またコースの得点が下がるところもあるので,場面に応じて進めない選択もあり,悩ましさは倍増です。今回は,Shuhくんが,願いの石の種類と何と同色3枚集めも成功させての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 61点 , 2位 Shug 48点 , 3位 Shibu 42点 , 4位 Katz 37点
◇ ケルト(Keltis)15分
 そしてオリジナルのケルトをプレイ。これが一番左の列にクローバーが固まってしまい,どうかと思ったのですが,そのままプレイしたら,クローバー使ってトントンとゴールゾーンに入ってしまい,あまり展開がないままのスピード終了。案の定,史上最低得点競争で,ちょっと情けないことになってしまいました。まあ,息抜きと言うことで・・・。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz&Shug&Shibu 15点 , 2位 Shuh 13点
◇ Xニムト(X nimmt!)40分
 2回目のプレイになるかな,ニムトの新しい変わり種”Xニムト”です。基本ルールは同じですが,プレイの仕方はかなり違ってきます。手元に昇順に並べていくカードのことを考えると,普通のニムトのように出すだけではダメで,自分が引き取った時のあとのことまで考えてカードをプレイできるのが大事。最後手札の牛マークは1点ですが,手元に裏向きで積まれたカードの牛マークは2点なので,特に,手元の昇順カードが増えてくると何としてもそれを反故にすることだけは避けるようにプレイします。それが功を奏して,2ランドともきわどく抜けきった自分が勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz -6点 , 2位 Shug -17点 , 3位 Shuh -19点 , 4位 Shibu -27点
◇ めんざいふ(Mea Culpa)75分
 少し前に入手していてやっとの初プレイです。ゲーム中はひたすら地獄へまっしぐら,最後に集めた免罪符のおかげで天国に向けて少しでも近づき,最も天国に近い人が勝利という。見た目とか雰囲気とかとても面白そうなんですが,何せごちゃごちゃしてます。4枚のキャラクター決め,その予備アクション,そしてメインアクション。集めた資源やお金を大聖堂の建設のために献金をして,献金勝負で上位2名だけ免罪符がもらえます。その免罪符のセットで最後に天国が近くなる。そんなんですが,最終的に今回だれも地獄から這い出ることができず,全員地獄の中での順番勝負になってしまいました。細かなルール間違いがあったかもしれません。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu -1点 , 2位 Katz -2点 , 3位 Shuh -6点 , 4位 Shug -7点
◇ テイク・イット・イージー(Take It Easy)10分×2
 ここでNakaさんとMuneさんが参加。まずは6人でテイク・イット・イージーを軽く2回プレイ。6人でプレイしても,それぞれタイルの置き方は違っていて面白いものです。一回目はNakaさんが9ライン完成させての勝利。二回目は,Muneさんが同じく9ライン完成での勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Naka 191点 , 2位 Katz 165点 , 3位 Shibu 155点 , 4位 Shuh&Mune 139点 , 6位 Shug 69点
※ 結果:1位 Mune 199点 , 2位 Katz 197点 , 3位 Shuh 194点 , 4位 Shug 173点 , 5位 Shibu 160点 , 6位 Naka 158点
◇ カタンの開拓者たち(Catan)70分
 ここで少し3人ずつに分かれてプレイ。Nakaさん,Muneさん,Shibuさんの3人はカタンの開拓者たちをじっくりプレイしていました。結果Muneさんが10点到達しての勝利だったようです。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Mune 10点 , 2位 Naka 8点 , 3位 Shibu 7点
◇ 王と枢機卿(Kardinal und Konig)20分
 自分とShuhくん,Shugの方は,まずシャハトの名作”王と枢機卿”,これも久しぶりです。これはShuhくんが非常に上手く,枢機卿の配置に無駄がなく圧勝されてしまいました。随所で2位を取っておくのも大事ですしね。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 92点 , 2位 Katz 69点 , 3位 Shug 39点
◇ ケルト(Keltis)20分
 さっき4人で最低な終わり方をしてしまったケルトをこの3人で再戦。今回は,Shugが願い石をうまく集め,あとの二人は石のマイナスも響きの敗退。
ばりばりゲーム会
※ 結果:1位 Shug 55点 , 2位 Katz 27点 , 3位 Shuh 23点
◇ 王と枢機卿(Kardinal und Konig)20分
 まだ,あちらのカタンが長く続いているので,それではともう一度”王と枢機卿”です。さっきよりは上手く枢機卿の配置もできたようでしたが,それでもShuhくんの配置の方が上回って再びShuhくんの勝利となりました。
ばりばりゲーム会
※ 結果:1位 Shuh 84点 , 2位 Shug 78点 , 3位 Katz 76点
◇ モダンアート(Modern Art)45分
 Shuhくんが抜けて5人で,実に何年ぶりかのモダンアートです。競りで絵画を買い付けていき,ラウンドごとに人気の3作のみ値がつくという。今回,最初のラウンドこそうまくいきましたが,その後は競りに絡めず脱落,思い切った買い付けと,巧みな競りのさばきで儲けたShugが見事勝利。うーん,面白いけど難しい・・・。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 370点 , 2位 Naka 348点 , 3位 Shibu 334点 , 4位 Mune 164点 , 5位 Katz 159点
◇ ブルーム・サービス(Bloom Service)60分
 続いて人気のブルーム・サービスを今年は初めてのプレイ。複雑な面の方を使いました。カードの出てくる順番で思うとおりにならなかったり,貪欲・控えめの判断で失敗したりと,波瀾万丈な展開に盛り上がりますが,今回は,Shugが雲の稲妻7本集めに成功して大きく稼ぎの勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 111点 , 2位 Naka 84点 , 3位 Katz 83点 , 4位 Shibu 77点 , 5位 Mune 52点
◇ マトリョーシカ(Matryoshka)40分
 最後は,カード交換でセットコレクションを充実させていくちょっと変わっていて人気のマトリョーシカをプレイ。もらいたいカード,あげてもいいカード,それぞれの場のカードを見ながらの駆け引きがおもしろいところですが,最後は,Muenさんが7枚並べの得点が効いての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Mune 33点 , 2位 Naka 30点 , 3位 Katz 28点 , 4位 Shug 26点 , 5位 Shibu 21点
 というところで本日も12時間の充実したゲーム会が終了。参加してくれたみなさんありがとうございました!次回は,いつ開けるかまだ未定ですが,また是非よろしくお願いします。

トップへ戻る


ばりばりボードゲーム63 <2017.3.12 08:30-20:00>

 二週間ぶりの開催です。定例の4人の他に,Nakaさんと久しぶりにMuneさんも参加してくれました。
◇ デルフォイの神託(Delphi)120分
 まずは初登場の重ゲー,デルフォイの神託です。買ったもののなかなかプレイするチャンスがなくて,今回が初プレイ。各自,12この目標達成目指して神々の世界を巡ります。基本はダイス目次第ですが,コントロールも可能なので,ダイス目を上手に操りながら効率の良い移動とアクションを目指します。今回,一瞬の油断で負傷カードが溜まってしまい,一手番なくなったのが痛かった。結果全員が全目標達成して,神託カード枚数の勝負になっただけに残念。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 12点 , 2位 Shibu 12点 , 3位 Shug 12点 , 4位 Katz 12点
◇ アドレナリン(Adrenarin)60分
 ここでNakaさんが参加。前回盛り上がったアドレナリンを再戦です。武器を拾ってひたすら打ちまくり,倒しまくるという派手で面白い。少しやられるとアドレナリンが分泌されて行動力が上がったり,武器の特性を生かして攻撃をいろいろ工夫するのも楽しい一作。自分は全く上手くいかず撃沈でしたが,他の4人は結構接戦となり,またしてもShuhくんが頭一つ抜けての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 49点 , 2位 Naka 45点 , 3位 Shibu&Shug 39点 , 5位 Katz 25点
◇ カルカソンヌ(Carcassonne)40分
 ここで久しぶりにカルカソンヌの本家をプレイ。ただし,バージョンは最近リメイクされた日本語版で,日本の建物つきです。ルールをその日本の名所用のルールにしたらそれがめちゃ強くて,早めに名所タイル引くと圧倒的に強くてバランス的にどうなんだという感じでした。通常の修道院ルールの方がいいですね。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 78点 , 2位 Shuh 76点 , 3位 Shibu 61点 , 4位 Naka 37点 , 5位 Katz 34点
◇ エア・ラインズ・ヨーロッパ(Air Lines Europe)80分
 次も,久々のプレイのエア・ラインズ・ヨーロッパです。ヨーロッパに航空路線網を築き,それぞれの航空会社の株の価値を高めて得点を競います。どの会社を延ばすか,株券を買うか,盤面の状況を見ながらのバランスが大切。今回は,自分ができるだけ多くの路線で1位だけでなく,2位3位も確保できるように株券を買い集め,何とか他をかわしての勝利でした。これもときどきプレイしたくなる一作です。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 68点 , 2位 Shibu&Shuh 61点 , 4位 Naka 55点 , 5位 Shug 53点
◇ ハイ・タイド(High Tide)30分
 ここでMuneさんが来てくれて6人になったので,前回消化不良で終わってしまった「ハイ・タイド」に再挑戦。今回は,よく分からないサーファーのルールは入れずに監視員のルールを追加。しかし,それにしてもダイス運が大きすぎてほとんどコントロールできないので,やはりうーんといった感じ。雰囲気は面白そうなんですがねえ。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 13点 , 2位 Shuh 11点 , 3位 Mune 10点 , 4位 Naka&Katz 7点 , 6位 Shug 5点
◇ コードネーム・ピクチャーズ(Codename Pictures)50分
 次は3人ずつのチームに分かれてのコードネーム・ピクチャーズです。変なイラストに悪銭苦闘しながらヒント出して,うまく答えにたどり着いてくれるとうれしい限りですが,今回は,3回勝負で3回とも相手チームが勝利。あと一歩のところで当てることができずに悔しいところでした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu&Shug&Mune 3点 , 2位 Shuh&Naka&Katz 0点
◇ メディチ(Medici)45分
 6人プレイできる貴重な競りゲームの傑作メディチです。値付けがなかなか難しいのですが,だんだん各自の狙う商品が明らかになってくると微妙な金額の駆け引きが盛り上がります。時に幸運に恵まれ,安く欲しい商品が手に入ったり,値付けに失敗してほしいものが手に入らなかったり。そんな競りを制したのはNakaさんでした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Naka 99点 , 2位 Shibu 97点 , 3位 Katz 87点 , 4位 Shug 83点 , 5位 Mune 80点 , 6位 Shuh 65点
◇ お邪魔者(Saboteur)30分
 次はお邪魔者,金塊目指して掘り進むか,邪魔して金塊にたどり着かせないか・・・。自分は1ラウンド目1人お邪魔者でさすがに防げず,2ラウンド目は金鉱掘りの仲間で何とか成功,3ラウンド目もお邪魔者でしたが,これは仲間もいて妨害に成功。勝利は,前半2ラウンドで大きく稼いだShuhくんでした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 9点 , 2位 Shug 8点 , 3位 Katz 5点 , 4位 Shibu&Naka 2点 , 6位 Mune 1点
◇ カタンの開拓者たち(Catan)35分
 ここで,ShuhくんとMuneさんが抜けて4人でカタンをプレイ。Shugが発展カードの独占を最高の場面で使い,ほぼ全ての鉄を手に入れるという快挙を成し遂げ,それを使って一気に勝負を決めての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 10点 , 2位 Shibu&Naka 7点 , 4位 Katz 5点
◇ カルカソンヌ:アマゾン(Carcassonne:Amazon)30分
 Nakaさんも抜けて後は3人で軽く。カルカソンヌのアマゾンです。アマゾン川に沿って長くタイルが並び,川を船が下っていくのが今までと少し感覚が違うところ。今回は,船もきっちり進めながら,小屋の配置も前半から考えての展開でうまくまわり,何とか勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 120点 , 2位 Shibu 114点 , 4位 Shug 101点
◇ テイク・イット・イージー(Take It Easy)20分
 最後は,いつものテイク・イット・イージーをワンプレイ。高得点のタイルがうまくはまったものの,あと一歩得点が伸びずに勝利できず。これは,さっとできて楽しい定番の一作です。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 183点 , 2位 Katz 168点 , 4位 Shibu 132点
 ということで今回はここまで。重ゲーの「デルフォイの神託」からサクッとプレイできる「テイク・イット・イージー」まで,いろいろ楽しむことができました。ありがとうございました。次もよろしくです。

トップへ戻る


ばりばりボードゲーム62 <2017.2.26 08:30-20:00>

 2月二回目のばりばり会です。定例の4人の他に,Nakaさん,Ryohくん,それに初のShihさんも途中参加してくれました。
◇ ウルムの黄金時代(Ulm)60分
 まずは「ウルムの黄金時代」です。前回も最初にプレイしてこれが二回目。今回は,船を後半までしっかり進めて封印アクションで手に入れたカードで得点を大いに伸ばしたShugが勝利。毎回,盤面の条件がある程度変わるので何度も楽しめるし,いろいろ試すこともできて最近ではお気に入り。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 45点 , 2位 Katz 39点 , 3位 Shuh 35点 , 4位 Shibu 34点
◇ IKI:江戸職人物語(IKI)90分
 次も前回同様にこれを。前回は,ルールを間違えていたので今回はきちんとプレイしました。雇う人物カードの種類や火消し力,食糧と目を向けなくてはならないことが多くて大変ですが,今回はShuhくんが建物2つを建てて得点を大きく伸ばすも,火消し力トップで常に先手番の優位を保っていたShugがタバコや人物カードのセットで得点を重ね同点のところ,最後の所持金の差で1点上回りの勝利でした。自分とShibuさんは蚊帳の外です・・・
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 106点 , 2位 Shuh 105点 , 3位 Katz 91点 , 4位 Shibu 70点
◇ アドレナリン(Adrenarin)90分
 ここでNakaさんが参加。新作のアドレナリンを初プレイ。武器を拾ってひたすら打ちまくり,倒しまくるというおばかで派手な一作ですがこれがなかなか面白い。少しやられるとアドレナリンが分泌されて行動力が上がったり,武器の特性を生かして攻撃をいろいろ工夫するのも楽しい一作。接戦でしたが,バランス良く攻撃して得点を積み上げたShuhくんが頭一つ抜けての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 40点 , 2位 Shug 38点 , 3位 Katz&Naka 35点 , 5位 Shibu 33点
◇ テイク・イット・イージー(Take It Easy)10分×3
 この間に,RyohさんとShihさんが来てくれて,アドレナリンが終わるまでテイク・イット・イージーとカルカソンヌ・アマゾンをやっていました。テイク・イット・イージーは,Ryohさんの2勝だったようです。
ばりばりゲーム会
※ 結果:1位 Ryoh 109点 , 2位 Shih 103点
※ 結果:1位 Ryoh 127点 , 2位 Shih 115点
※ 結果:1位 Shih 173点 , 2位 Ryoh 152点
◇ カルカソンヌ:アマゾン(Carcassonne:Amazonas)30分
 カルカソンヌのアマゾンは,ちょっと普通のカルカソンヌと感覚が違うところもあり,ルールも少し間違えていたようですが,結果1点差でRyohさんの勝利でした。
ばりばりゲーム会
※ 結果:1位 Ryoh 129点 , 2位 Shih 128点
◇ メディチ(Medici)45分
 最近日本語版で再発されたメディチです。クニチーの有名な競りゲームですが初プレイ。6人までなので,今回は自分はインスト指南役で他の6人に楽しんでもらいました。序盤こそ,どの商品を集めるのか手探り状態ですが,だんだん各自の目的も固まってくると,競りも熱くなってきます。2ラウンド目で抜け出たRyohさんが他の追い上げをうまくかわし見事勝利。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Ryoh 112点 , 2位 Naka 84点 , 3位 Shih 80点 , 4位 Shug 62点 , 5位 Shibu 54点 , 6位 Shuh 38点
◇ ハイ・タイド(High Tide)45分
 次は「ハイ・タイド」新作のビーチにデッキチェアを置く競争という変なテーマですが,内容も今ひとつしっくりこないまま終わってしまいました。いくつか拡張も含めてのプレイでしたが,目的のチェアを移動させたくても,ダイスの引き運がなければどうしようもなく,運任せが大きい感じ。サーファーのルールもよく分かりませんでした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Ryoh 14点 , 2位 Naka&Shug 13点 , 4位 Shibu 9点 , 5位 Katz 8点 , 6位 Shuh 7点
◇ エスカレーション(Escalation)30分
 大富豪のように手札を出していき,早く手札を無くすエスカレーションです。数字が大きくなるように出していきますが,同じ数字で出せれば,何枚出しても良いので,枚数の縛りはありません。5人で5ラウンド勝負。こうしたカードゲームは,どこかではまるととことんダメになるもの。波の激しい展開でしたが,唯一バランス良く得点できたShibuさんは差をつけての勝利でした。
ばりばりゲーム会
※ 結果:1位 Shibu -32点 , 2位 Katz -51点 , 3位 Ryoh -59点 , 4位 Shih -62点 , 5位 Shuh -68点
◇ コロッセウム(Colosseum)45分
 再び4人に戻って,次は初プレイのコロッセウムです。必要な資材を集めてプレイし,コロッセウムの建設に貢献して得点を稼ぎます。また,最後に集めた地形タイルでの優劣も得点になります。執政官のコマをクルクル回してやりたいことを目指すだけなので,やることは単調,もちろん常に自分がやりたい場所にコマを進めることができるわけではないので,それなりの悩ましさもあるものの,盛り上がりには欠けるような。だんだんコロッセウムができてくる立体感でごまかしているだけかな。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 48点 , 2位 Shuh 45点 , 3位 Katz 44点 , 4位 Shibu 42点
◇ メドゥリス(Meduris)60分
 次は「メドゥリス」。前回に続いて2回目のプレイ。今回は,最後にドルイドが回ってくることも気にして,みんな資源を結構ため込んでいく流れに。何回か,取れる資源が枯渇することもありました。連続する小屋での得点と神殿の建設がポイントですが,最後はルーンの数も効いてきてShibuさんが上手く制しての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 77点 , 2位 Shuh&Katz 69点 , 4位 Shug 66点
◇ レイルロード・レボリューション(Railroad Revolution)90分
 Shuhくんが抜けて3人で,前回同様にこれを。今回は,Shugが電信重点でプレイしつつ,ランク5の鉄道路線への接続などで大きく稼いでの勝利。自分は目的カードの達成数で勝負するも一歩及ばず。ワープレといっても,あまり妨害もなく(初期配置ボーナスがあるかないかぐらい)自由に配置できるので,やりたいことを決めてきっちり推し進めることが一番かもしれません。それが面白いのかどうかは意見の分かれそうなところです。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 220点 , 2位 Shibu 197点 , 3位 Katz 190点
◇ テイク・イット・イージー(Take It Easy)20分×2
 最後も前回同様,テイク・イット・イージーで締めくくり。今回は2回プレイです。1回置く場所が狂うとなかなか修正が効かずに悪い方悪い方に行ってしまった自分に対して,Shibuさんは,何と2度目のプレイではことごとくうまくはまり,非常に高得点をたたき出しました。これは,サッとプレイするには実に良いですね。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 134点 , 2位 Shibu 130点 , 3位 Katz 121点
※ 結果:1位 Shibu 224点 , 2位 Shug 163点 , 3位 Katz 121点
 ということでこの日はここまで。今回は久しぶりにRyohさんと,初参加でShihさんが来てくれました。Shihさんは,こうしたボードゲームはほぼ初めてのようでしたが楽しんでもらえたでしょうか。また是非お越しください。また次回よろしくお願いします!

トップへ戻る


ばりばりボードゲーム61 <2017.2.4 08:30-20:20>

 1月は忙しくてゲーム会を開けず,ようやくの2017年初ゲーム会になりました。自分,Shug,Shibuさん,Shuhくんの4人と途中で少しだけですが,Natzさんも来てくれました。今回はほぼ全て新作で,うろ覚えなルールでインストにも時間がかかり,いつもよりはゆったりペース?
◇ ウルムの黄金時代(Ulm)60分
 まずは「ウルムの黄金時代」です。9×9のエリアにアクションタイルを押し込んで,一辺に並んだ3つのタイルによって様々なアクションを実行していきます。重要なのは各地域での封印アクションとカードアクション,そのためにお金やタイルや船の移動があるという感じ。カードアクションを最大限に生かせる子孫タイルを使ったShugが頭一つリードしての勝利。これはなかなかの高評価。またやりたいですね。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 54点 , 2位 Katz 46点 , 3位 Shibu 45点 , 4位 Shuh 36点
◇ IKI:江戸職人物語(IKI)90分
 次は国産ゲームの「IKI:江戸職人物語」です。江戸時代の職人の親方となって粋点を稼ぎます。江戸のいろんな職業が面白く雰囲気もなかなか良いです。基本は職人コマを移動しながらアクションを選択していく感じ。食糧の支払いがあったり,火事があったりするのでリソースの管理も大事です。ただ,お金や資源がすごくキツいなーと思っていたら,後半重大なルールミスが発覚。本来,表店と裏の職人1人の2つのアクションができるのに,1つしかできないと勘違い。どうりで厳しいはずです。終盤は職人は引退するわ,新たに雇うにはお金はないわで大変でしたが,ゲームとしては十分面白さを味わえたので,次はきちんとプレイしたいです。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 104点 , 2位 Katz 80点 , 3位 Shibu 71点 , 4位 Shuh 54点
◇ メドゥリス(Meduris)60分
 次は「メドゥリス」。ガラッと雰囲気がファンタジックになりました。4種類の資源を集めて,メドゥリス山の麓に小屋や神殿を建築していきます。ぐるぐる回ってやってくるドルイドに供物を捧げなくてはなりませんが,それが得点源でもあるので,資源集めが重要。まとまりのある集落にしたり,適切な場所に神殿を建てたりして得点を目指します。良い勝負でしたが,Shuhくんが制しての勝利でした。これも1時間程度のゲームですが,資源集めと建築のバランスをどうするか悩ましくて面白い一作でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shuh 53点 , 2位 Shug 49点 , 3位 Katz 48点 , 4位 Shibu 41点
◇ 神奈川沖浪裏(Kanagawa)30分
 次は「神奈川沖浪裏」なるこれも和風な一作。葛飾北斎に認められるべく工房を改良し,優れた版画を創り上げます。カードの取り方がコロレット風ですが,マイナス要素はないので,よほど狙ったカードで,どうしても取られたくない限り,枚数を多くした方がいいように思います。季節の並びを重要視しすぎると手が遅くなるので,がんがん版画をしあげ,免状タイルをうまく獲得できた自分が,僅差で勝利でした。これは手軽に楽しめる一作です。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 34点 , 2位 Shuh 29点 , 3位 Shug 28点 , 4位 Shibu 27点
◇ Xニムト(X Nimmt!)20分
 あのニムトの変則バージョンで,4人プレイまでの「Xニムト」です。場の並びは3列で,置ける最大枚数も2,3,4枚と少なくなっています。さらに取らなくてはいけないカードも1枚は自分の場にうまく昇順にできれば失点にならないことと,残りのカードは手札に入れて再び使えることが大きな違い。自分の場に昇順が途切れると,そこまで並べたカードがマイナスになってしまいます。また,誰かが手札なくしたときの手札の残りカードもマイナス。なので,場のカードを取る羽目になっても,上手くいけば失点を防げそうですが,手札に溜まってしまうと結局残ってマイナスになるので,うーん,どうしたものか。2ラウンド勝負で,自分とShibuさんが同点で勝利。ニムトなんだけど,プレイ感覚や考え方はちょっと違います。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz&Shibu -12点 , 3位 Shug -20点 , 4位 Shuh -26点
◇ マトリョーシカ(Matryoshka)30分
 ここでNatzさんが駆けつけてくれて3ゲーム参加。うれしいことです。ここまで全部新作でしたが,今度は年末にプレイして非常に気に入ったカードゲームの「マトリョーシカ」です。セットコレクションですが,そのための手順がちょっと変わっていてとても楽しめます。自分の手番にカードを1枚提示し,他の誰か1人のカードと交換していきます。ラウンドごとに自分の場に並ぶカードが増えていくので互いに何が欲しいかが見えてきます。今回,自分は手札が結構偏ってしまってあまりうまく交換に絡めず。手の内を見せるような見せないような悩ましさが面白いお勧めの一作。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 37点 , 2位 Natz 35点 , 3位 Shibu 33点 , 4位 Shuh 32点 , 5位 Katz 30点
◇ エクスペディション(Expedition)30分
 何回かリメイクされているそうですが,今回リメイクされて発売されたバージョンを初プレイ。共通の探検隊3種類で世界を旅しながら,自分の目的になんとか行こう,相手の目的地から遠ざけようと互いにやり合うのが面白い。ちょっとルール的に分かりづらいところもありましたが,NatzさんとShugが全てのカードとトークンを達成しての勝利でした。上級ルールを使った方が変化があっていいかな?
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Natz&Shug 13点 , 3位 Shibu 9点 , 4位 Katz&Shuh 5点
◇ カルカソンヌ:アマゾン(Carcassonne:Amazonas)45分
 続いてカルカソンヌの新作,「アマゾン」です。基本はカルカソンヌですが,アマゾン川があってボートの要素が加わっているのが新しいところ。このボートの要素,疎かにできません。トップにいると,アマゾン川のタイルが出る度に得点が入っていき,これが地味に強い。そのアマゾン川で常にトップを取っていたShugがやはり強くて勝利。川は大事です!
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shug 102点 , 2位 Natz 92点 , 3位 Shibu 73点 , 4位 Katz 70点 , 5位 Shuh 60点
◇ バサリ(Basari)30分
 続いて4人に戻って「バサリ」。これは最近日本語版で発売されたもの。ゲーム自体は名作で以前から出ているバッティングと交渉の傑作ですね。4人プレイで3アクションなので当然何かはバッティングします。バッティングしたときの宝石のやりとりによる交渉の駆け引きが熱いですね。1ラウンド目で宝石をうまく稼いでトップに立ち,途中自分以外の3人バッティングが続くという運にも恵まれ,最後,Shugの怒濤の宝石集めをなんとかかわしての勝利でした。これはやはり面白いですね。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 87点 , 2位 Shug 84点 , 3位 Shibu 73点 , 4位 Shuh 55点
◇ レイルロード・レボリューション(Railroad Revolution)90分
 Shuhくんが帰り,あとは3人で。ここで重ゲーの「レイルロード・レボリューション」です。これを今からやるのかという感じでしたが,何とか気合いを入れてプレイ。このメーカー(What's You Game)の作品はどれも重ゲーで,とっつきはやっかいですが,分かってくるとすーっと入ってきます。これも最初こそ何をしていいやらですが,駅,線路,電信の3つの要素と業績のアップ,目的の達成との絡みをうまく管理していくのが分かってくると,どれを重視するか,何をするといいのかが見えてきます。たくさんの要素があって得点方法もいろいろあってじっくり楽しめる一作です。ちょっとルールにあやふやのところもあったかもしれませんが・・・。今回は,Shibuさんが目的タイルの達成で差をつけての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Shibu 205点 , 2位 Katz 194点 , 3位 Shug 143点
◇ テイク・イット・イージー(Take It Easy!)20分
 最後は,軽くこれ。これも最近出た再発版を初プレイです。もともとはいつからあるんでしょうか。全員同じタイルを使ってより高得点になるようにボードに配置していきます。同じ色のライン(数字)が並ばないと得点にならないので,場所を考えながらの配置が悩ましい。タイルは全部を使うわけではないのもいいですね。ここは,自分が9点8点といった高得点を上手く並べることができての勝利でした。
ばりばりゲーム会 ばりばりゲーム
※ 結果:1位 Katz 147点 , 2位 Shibu 120点 , 3位 Shug 107点
 ということで,マトリョーシカ以外は全部初プレイという珍しい会となりましたが,どれも面白くてリプレイしたいものばかりでした。初プレイで細々ルールミスもあったので,次回までにはしっかり修正しておきたいと思います。また次回よろしくお願いします!

トップへ戻る


新春ボードゲーム2 <2017.1.2 17:00-21:00>

 1日に続き,2日は自分の実家での妹家族を含めてのゲーム会です。こちらは大人ばかりなので,ちょっとだけ奥深い?作品をいくつかプレイしました。
◇ 東海道(Tokaido)45分
 まずは,京都から江戸へ旅をする東海道,2種類の拡張は使わず基本ゲームのみでプレイ。旅人の特徴を上手く生かして,街道をめぐるのがコツですが,ここは自分がバランス良く稼いでの勝利。
新春ゲーム会 新春ゲーム
※ 結果:1位 Katz 77点 , 2位 Taro 72点 , 3位 Shug 66点 , 4位 Jun 63点
◇ エスカレーション(Escalation!)10分
 次はだんだん大きい数字を出しながら手札をなくすエスカレーション。ちょっと大富豪的な感じもありますが,ここは,Shugがうまくまわして失点0の勝利。
新春ゲーム会 新春ゲーム会
※ 結果:1位 Shug 0点 , 2位 Taro -2点 , 3位 Jun -5点 , 4位 Katz -6点
◇ シュワップス(Schwupps)20分
 次は,場の条件に合うカードをプレイしながら,手札を無くすシュワップス。4ラウンド勝負ですが,これは,悪循環に陥ると厳しい。Taroが全体を通して失点を少なくできての勝利。自分は思いきり沈みました。
新春ゲーム会 新春ゲーム会
※ 結果:1位 Taro -20点 , 2位 Shug -51点 , 3位 Jun -68点 , 4位 Katz -78点
◇ マングロービア(Mangrovia)45分
 次は,久しぶりにマングロービア,小屋を建てていき,いろんな条件でのマジョリティー争いをします。これはShugが強く,石のエリアで4つ,アミュレットもたくさん集めての断トツ勝利。うーん,アミュレットを取られすぎました。
新春ゲーム会 新春ゲーム会
※ 結果:1位 Shug 104点 , 2位 Katz 76点 , 3位 Taro 74点 , 4位 Jun 61点
◇ オケアノス(Oceanos)45分
 最後は,新しいオケアノス。カードをプレイし,潜水艇をアップグレードしながら,海底の生き物や珊瑚,宝箱などを集めます。今回は,自分には全然珊瑚があるカードが回ってこなくて得点が伸びず,珊瑚と宝箱の回収で稼いだShugが勝利。
新春ゲーム会
※ 結果:1位 Shug 56点 , 2位 Taro 42点 , 3位 Jun 39点 , 4位 Katz 38点
 ということで,ちょっと中量級の3作と軽めのカードゲーム2作を楽しむことができました。こういったみんなが集まる機会には是非継続して機会を設けていきたいですね。

トップへ戻る


新春ボードゲーム1 <2017.1.1 22:00-24:00>

 毎年1月1日は相方の実家へ出かけます。そこで集まったみんなとゲームをするのが恒例になっています。
◇ カードライン(Cardline)10分×3
 最初は小6の甥っ子にプレゼントしたカードラインの動物編を3回プレイ。寿命,体重,身長でやってみました。これがなかなか難しい。カードが増えてくると,やはり微妙なところははずします。そこを知識と勘で勝利したのは,Yukが2回,Marが1回でした。
新春ゲーム会 新春ゲーム会
※ 結果:1位 Yuk 0点 , 2位 Mar -1点 , 3位 Katz&Risa -2点
※ 結果:1位 Mar 0点 , 2位 Yuk -1点 , 3位 Katz&Risa -3点
※ 結果:1位 Yuk 0点 , 2位 Mar&Risa -2点 , 3位 Katz -3点
◇ テーベの東(Jenseits Von Theben)60分
 ここからは,大人達の戦い。久しぶりのテーベの東です。発掘に運を賭け,お宝を集めます。今回は,Risaが引き運の強さも発揮しての勝利。Marは,数枚引いて全て砂という快挙が確か2回もあって大いに盛り上がりました。
新春ゲーム会 新春ゲーム会
※ 結果:1位 Risa 59点 , 2位 Kogu 44点 , 3位 Katz 34点 , 4位 Mar 23点
◇ ケララ(Kerala)40分
 次は,象のパレード,ケララ。年末から結構な数プレイしています。今回は,自分が5点の特殊タイルをうまく組み合わせることができて得点を稼いでの勝利でした。簡単でタイルの取り合いや配置の悩ましさを味わえるお勧めの一作ですね。
新春ゲーム会 新春ゲーム会
※ 結果:1位 Katz 46点 , 2位 Risa 37点 , 3位 Mar 31点 , 4位 Taka 28点 , 5位 Hiro 25点
 ということで,新年初ゲームはここまで。意外とカードラインが面白かったのが収穫。大人でもかなり盛り上がりました。

トップへ戻る


1 1