ボードゲームレビュー


オケアノス ☆☆☆☆☆☆☆

 プレーヤーは調査隊の隊長となり,自分の潜水艇で深海に潜ります。部下の潜水夫の助けにより,珍種の動物を捕獲し,最大の珊瑚礁を発見し,古代の財宝を収集します。潜水艇のグレートアップをしながら最も稼ぐのは?

オケアノス

 5人でのプレイ。まずはレベル1の潜水艇を手元においてスタート。1ラウンド5ターンの3ラウンド勝負です。

オケアノス

 調査隊隊長から2枚ずつカード配ってもらい1枚を手元に置いて,1枚を調査隊長に渡します(変則ドラフトみたいな感じ)。このカードを手元にラウンドごとに1列ずつ並べていくのが目的。並んだ結果で,ラウンドごとの点数や終了時の得点になります。配られるカード運も大きいところですが・・・。

オケアノス

 毎ターン原則1枚しかカードは手元に置けませんが,燃料トークンを使うと1枚多く置けるので貴重。潜水艇は5つのパーツに分かれていて,並べるカードの条件が揃うとレベル3までアップグレードできます。この燃料トークンも最初は1枚ですが3枚まで増やすことができます。

オケアノス

 こうしてカードを並べて5ターンで1ラウンド終了。ラウンドの得点は集めた動物の種類×2点ですが,これも潜水艇の能力で何種類まで得点にできるか決まってます。今はまだ3種類まで。

オケアノス

 2ラウンド目はカードを一列下に並べていきますが,ここからが特に悩ましい。珊瑚は,最後に最も珊瑚が縦横に繋がった珊瑚礁の珊瑚の数だけ得点になるし,宝箱は最後に潜水夫が真上に集めていくので縦に揃えたいのですが,もうすでに,左上の珊瑚は繋がらずに終了・・・。宝箱もバラバラ・・・。

オケアノス

 潜水艇のアップグレードは,クリスタルを置いた後に基地を置くと可能。どこをアップグレードさせていくかも考えどころです。さっきの燃料か,動物の種類を増やすか,ラウンド終了時に得点になる船尾を変えるか,最後に宝箱を回収する潜水夫を増やすか,最初に配ってもらうカードを増やすか・・・。

オケアノス

 3ラウンド目,ようやく珊瑚礁も数枚繋がり,宝箱も3つ繋がった場所もあり,潜水夫も2人までアップして配置。宝箱の得点で結構稼いだものの,Emiさんが圧倒的な珊瑚礁を作って上回り僅差で2位でした。

 ターン毎に,調査隊隊長がカードを配付(最初は2枚,最大4枚)し,そこから1枚(燃料を使うと最大4枚まで可能)を手元に置いてカードを並べていきます。残ったカードが隊長に渡り,隊長はそこからカードを選びます。そのカード選びが特徴的な一作。隊長はターン毎に順番に移動していきますが,普通隊長の下には隊員のいらないカードが集まっていくことになります。カードの並べ方も重要で,カード運を減らしたいなら,配られる枚数を早めに多くしないといけませんが,アップグレードの条件も簡単にはそろわないし,どれをアップグレードさせていくかが一番の悩みどころ。置くカードを増やす燃料,もうらカードを増やす潜望鏡が最初(自分はもらうカードは増やさずがんばりましたが)?中盤は動物の種類を増やしたり,単純に得点をもらえるようにしたり,後半は潜水夫を増やして宝箱回収に備えるといったところでしょうか。運の要素もそれなりにありますが,悩ましさもしっかりあって気楽に楽しむのに良いと思います。
※2017.1.22

オケアノス(Oceanos) ゲームデータ

オケアノス
○デザイン  Antoine Bauza
○発  表 2016年
○メーカー IELLO
○2〜5人用 約30分
○難易度  中ぐらい
○イエサブで購入