ボードゲームレビュー


ヴァレッタ ☆☆☆☆☆☆☆

 超大雑把に言うと,リソースを使って建物を建てて得点を稼ぐありがちな感じですが,そこに,昨今流行のデッキ構築システム+αを取り入れています。

ヴァレッタ

 4人プレイだと,中央のボードの上下に3列ずつ場のカードが並び,これらのカードを取り合って,そこに自分の建物を建てるのがゲームの基本。建物を表す大きめのカードの上に,自分のカードとなる小さめのカードが載っています。

ヴァレッタ

 初期カードは全員同じ内容の8枚,それをデッキとして5枚を手札にし,そこから毎ラウンド3枚を使います。基本のカードはリソースを得たり建物を建てたり,そしてバレットさんのカード。

ヴァレッタ ヴァレッタ

 そのバレットさん,これは,中央のボードのバレット駒を進めて(これが進んでゲーム終了フラグも立つ),ランダムで資源がもらえると同時に,市場にオープンにされているカードを1枚手に入れるか,手札のカードを1枚廃棄できるかします。後半,邪魔なカードはこれを使って廃棄できますが,終盤の独特のルールもあって,あまり圧縮しすぎるのも難しいところがあります。

ヴァレッタ ヴァレッタ

 場のカードは必要な資源を払って手に入れます。手に入れるときには手札に入ります。普通のデッキ構築のゲームだと一旦捨て札になって使えるのは少し後になりますが,ここでは手札に来るので使いたければ直ぐに使えます。カードを入手すると同時に自分の建物駒を置いて所有を宣言。

ヴァレッタ

 建物の建て方にも悩ましさがあって,まず自分の建物に縦横につなげていくとコストが1金ずつ下がります。さらに,中央のボードを移動しているバレットさんがいる上下のカードに建物を建てると1勝利点も得られます。

ヴァレッタ

 建物は一度建てて終わりではなく,改築でき,勝利点や人物カードの効果で入手できる資源の数がアップします。改築は,建築時と同じ資源で,ただしお金は不要,割としやすい。

ヴァレッタ

 あと,他のデッキ構築系と違うのが,手札を3枚使った後,残りの手札を捨て札にするのではなく,手札を次に残して置き,5枚になるまで山札から引くことになっているところ。自分にとって役に立たないカードは手に入れないようにするか,さっさと廃棄しないと余分な手札で悩みそうです。

ヴァレッタ

 そして最大の特徴が最終盤の流れ。終了フラグが立った後,何と,全プレーヤー,その時の山札と捨て札を全て混ぜてシャッフルし,各自その最後の山札を使い切るまでプレイが続きます。これによって,最後に,改築や資源を集めるなどして得点の上積みを図れます。カードを減らし過ぎるのがもったいないかもというのはここにあります。

 期待大と言うほどではありませんが,資源管理と建物建築によるエリア管理など,ルール的には慣れ親しんだ感じで楽しめます。それをデッキ構築でどう回していくかです。4人プレイでも,場には30枚の新しいカード,1人あたりの建物も8個しかないので,最大で場からは8枚カードが取れるだけです(市場からも手に入れれるのでもう少し増えることもありますが)。効果的に資源が入るカードと建築のカードがうまく回るような,ちょっとした圧縮ができると優位に進めることができそうです。全く重いゲームではないので,初心者の方にも広くお勧めできる一作です。
※2016.6.11

ヴァレッタ(Valletta) ゲームデータ

ヴァレッタ
○デザイン Stefan Dorra
○発  表 2017年
○メーカー Hans im Glück
○2〜4人用 約60分
○難易度  中ぐらい
○AmazonDEで購入